ROOKIES

 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  テスト&レビュー

テスト&レビュー

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

ETNIES JAMESON MID CRANKレビュー

お久しぶりにレビューです。

最近はROOKIES MTB PARKのオープンから大変にぎわい、業務が超ハード!!なかなかレビューできずすみませんでした!

今回は注目のバイクシューズ「ETNIES JAMESON MID CRANK」ブランドンセメナックモデルのレビューです。

スロープスタイルやダートジャンプシーンでは彼を知らない方はいないほどの露出っぷりで、チョースタイリッシュなライディングにいつもドキドキしています。そんな彼の足元を支えているのがこのシューズで、くるぶしの位置にプロテクションが入っていたり、衝撃吸収性に優れたインソールであったりと工夫が盛りだくさん!実際にレベルが違う僕たちが履いてみたらいかがなものでしょうか?



まず見た目はしゃれてますね~。
普段履きのシューズとしても活躍してくれそう。ベースがスケートボードシューズのブランドなので、ファッション性が通常のバイクシューズと違いますね!



このインソールがポイント!踵のホールドがしっかりしていていい感じ!



一見薄手で頼りなさそうですが、強度が必要な部分には補強が入ったり、しっかり締め付ける紐であったり、足の甲の部分のクッション性も良いです。
ただ、ホールド力では、前回のAftonのほうが↑です。
セメナックや、ダートライダーの多くがSpaceBrace(アンクルブレイス)を使用しているので、靴でホールドさせるという感覚ではないのかもしれません。SpaceBraceは当店Rookiesが日本代理店です。

参考までに↓SpaceBrace https://www.thespacebrace.com/


実際にライディング!
ペダルとのフィット感は良く、ペダルの位置を確認しやすいぐらいのソールの厚み。
グリップ力では張り付くようなレースシューズのような感覚ではなく、位置を換えたり、動かしたりしやすいほどのグリップ感覚。
食いつきはいまいちな感じです。

ただ、

ジャンプで足を離したり、空中でバイクを動かしやすいほどのイメージです。そのため、がれ場があるダウンヒルレースなどは不向きではないかと思います。逆に言うと、フリーライドのような動きには最適な、手軽なイメージがあります。
シューズ自体は、とてもしなやかで、長い時間履いていても疲れないし、バイク専用シューズという感じではなく、アプローチからアフターまでこれで行けてしまうシューズです。

僕はライディングシーンに合わせて、使い分けを提案したく思います。

レースのような走りや長い間走るようなトレイルライド、ダウンヒルはAfton、のんびりとジャンプトレイルで遊ぶのであればETNIES。
足がペダルから外れた回数は、Etniesのほうが多い。でも疲れやすいのはAfton。どっちも悩みます。ベストは2足(笑)

2019-04-24 11:06:21

YAMAHA E-BIKE YPJをレビュー!

人気急上昇中の電動”E-bike”を初体験!

電動アシスト自転車で最も古くから生産する「YYAMAHA」のYPJというマウンテンバイクをYAMAHA様ご協力のもと「ROOKIES MTB PARK」でテスト&レビューしてきました!実力はいかがなものでしょうか?また人気の理由は?


重量は正直重たい。センター周りにユニット、バッテリーが集まっているので前後、左右のバランスは悪くない。
スタイリッシュに曲がったトップチューブはモトクロスバイクを感じさせ、サドルが思いっきり下げれるのも魅力。乗り降りもやり易い。
ガチっとした超剛性が高そうなフレーム。フロントはシングルギアでチェーン外れがないか心配だったが、一切問題なし!超スムーズな回転と路面に伝わるトラクションがわかりやすく、無理は感じない。


セットアップされているパーツはリアルマウンテンバイクブランドの中級グレードで文句なし!
前後180mmのディスクローターは重たい車両でもしっかりコントロールしてくれる!740mm幅のハンドルバーがトレイルライドや、パークライドでもちょうどよい幅。タイヤは27.5×2.25サイズでリムがちょっと狭くて頼りない感じ。ペダルは標準では幅が狭いモデルが付いてくるがグリップ力が心配。今回は使い慣れたJoystickに変更。

手元での操作がらくらく「コンパクトマルチファンクションメーター」は超便利。
見やすい液晶で、モード切替、速度、バッテリー残量など一目でわかる。マイクロUSBポートが付いて、強力なライト接続やスマホ充電も出来る!一気に行動範囲が広がりそう!


さあ、「スタンダードモード」で出動!!
一漕ぎ目に驚き!そして無駄に激しくない柔らかなアシストが気持ちいい!
その後様々なモードを試し、6モードあるうちのMAXパワー「エクストラパワーモード」に変更したときにとんでもないハイパワーに衝撃を受けた!!凄すぎるパワーアシスト!辛いヒルクライムが新しいコースに見えてくる!



一番気になる重量は走り出してしまえば全く気にならず、逆に安定感がいいダウンヒルバイクのよう。下りになればアシストは必要ないし、ただ、バンクの立ち上がりでペダリングすれば、「ぎゅーん」と車輪の回転をアシストしてくれて、安定感が増してくる。今まで必要だったセクション侵入までの加速距離も少なくて済み、あっという間にベストスピードに引き上げてくれる。重たいギアを踏むというよりは高ケイデンスで加速させる感じ。

ジャンプもご覧の通り楽々!

バランスが良い重量配分で本当に乗りやすい!


気になるポイントがここで出てきた!ホイールの剛性不足!リム幅を広げるなど、今後に期待したい。


クイックに切り返す!これも通常のMTBと同じ動きで対応できる。

バームに当て込んでぐるーんと回る。思い通りコントロールが出来てすごく楽しい!!

土を巻き上げながら走る!通常のマウンテンばいっくであれば抵抗になって、減速してしまうようなコンディションでもE-Bikeには関係ない!オールコンディション快適に楽しめる夢のようなバイク!


E-bikeはマウンテンバイクの可能性を一気に広げてくれる。体力に自信がなくても、アシストしてくれる安心感があり、下りのバイクコントロールに専念できる!一度の充電で最高225km走行可能なモードもあり、マウンテンバイク=山のみのイメージはE-bikeにはない。行きたいところに走って行って楽しめる!

ROOKIESはまた、新たなマウンテンバイクの可能性を見つけてしまった!!

 

2019-03-08 15:19:42

雨の中のナイトラン

商品のレビューに向かったのは大雨の中、夜の山に。そこで、シューズやゴーグル、グローブなど先日アップしていた商品の最終レビューを行ってきました!最もハードな条件の中、いかに使える商品であるかを確認するためです。そこで得たものや、さらにお勧めしたい商品も増えてまたアップしたいと思います。
 


まず、Swansのゴーグルです。雨の中欠かせないゴーグルはどれほど威力を発揮するのか?そして曇り止め、撥水加工のレンズは?



結論から申し上げると、曇ります。曇り始めるタイミングはモデルによって異なりますが、体が温かくなって、標高が高くなるにつれ曇り始めてきた印象があります。撥水効果は優れおり、泥水が飛んでこない限り大丈夫!曇り始めたレンズは、ゴーグルを振るなど、しばらく置いてみるなどしましたが、改善されず。特にレンズの上側から曇りはじめ、前傾で上目づかいで前を見るマウンテンバイクではコンデションは良くない。結果外して降ることに。これからも改善策を探すことになりそうです。

Aftonシューズは?

かなりハイグリップ!シューズの中でバランスを取るような感じなのでペダルとの設置感もいいし、低速、高速での足の動きの変化にもしっかりと反応してくれます!希望としてはミッドカットが欲しいですね。

Fist Hand Wear(グローブ)は超ハイグリップ!


雨で濡れたグリップでもお構いなしにグリップしてくれます。柔らかく軽量なために水分を含んでも動きやすさは変わらず。大雨のライディングだったので、僕は2つグローブを用意していきましたが、あまり必要ありませんでした。(笑)洗濯後もすぐに乾いて超おススメです!

上記以外にも「GOREウェアー」や「NIKWAX」もおすすめ!
また、ナイトライディングで重要なのはライト!!

GORE-TEXを使用したレインウエアと強力撥水TX.DIRECTがハードコンデションでも快適にライディングを楽しませてくれます!
ライトはバイクとヘルメットに必要!これはまた今後お勧め商品をレビューしていきます。


ROOKIES #mtblife#rookiesmtbpark

   

2019-03-07 10:11:58

Yamaha E-Bike レビュー

注目の電動アシスト付き”E-BIKE”をYamaha様協力のもとレビュー&テストをROOKIES MTB PARKで行うことが決定!

ROOKIESパークはスタートまでの上りは自走で、下りにはジャンプあり、バンクありのトリッキーなコースが数多くあるので、実際にE-BIKEがどれほどのパフォーマンスであるのか、ROOKIESなりにレビューしたいと思います。

Yamahaは昔から有名な”PAS”という婦人車の電動アシストを一番にスタートされたことが印象的。なんと25周年!!
時代のニーズに合わせて進化したドライブユニットは軽量でコンパクト。しかもパワフル!

専用のマウンテンバイクに搭載された電動ユニットはどれほどのものなのでしょう?
そして実際の車両バランスや、重量増によるブレーキの問題などリアルに使えるのか?
色々気になりますよね?

全世界が注目しているE-Bikeの世界に一歩踏み入れてみたいと思います。


Yamaha YPJ-XC

2019-02-27 18:11:13

SWANSゴーグルテスト&レビュー(Part 4)

SWANS ゴーグル レビュー(Part 4)
 
ミラーレンズが曇りはじめいかがなものかと。特に湿度の高い時期に使用することが多いので、曇り始めるとアウト!でとてもストレスを感じる。
モーターサイクルのように、スピードが一気に上がるものではないし、体の動きや呼吸によって曇りやすいのは断然マウンテンバイク。


練習では部分練習したり、バイクを担いで上がったりと風の通りは悪い。


超晴天のまぶしいレース時の一発勝負であれば、ミラーは目が疲れにくいし、逆光での路面の見えにくさも軽減されるのでいいと思う。
使いやすさでいえば、クリアーで、曇り止め、撥水加工が一番いいかな?


SWANSのゴーグルを試してみて。
今まで様々なレースでゴーグルやグラスを使用してきた結果で、自分なりの違いを感じることが出来ました。
ジャパンクオリティーのSWANSはシンプルなデザインでありながら抜群のコストパフォーマンスが魅力。そしてゆがみが少なく見やすいレンズは、さすがって感じ!!

入門にお勧めのMX-797は¥5,800-(税抜き)!日本人の顔にフィットしやすい形状は幅広く対応できることは間違いなし!
ただ、お値打ちなものが本格的に使用できるかといえば厳しい部分もあり、レンズの変更が必要となるでしょう。

スペアレンズは税抜き¥3,500-なのでトータルで見ると最上級グレードTALONとあまり変わらず。
TALONは初めから、曇り止め、撥水加工されたレンズが付いてきますし、通常ゴーグルより外側からベルトで引っ張る「トリガーパーツ」もついています。長く使えば交換が必要になるスポンジ「Ez Ble-Form」もスペアパーツで販売しています。

途中インスタ動画でもあるようにフィット感はTALONにはかなわないし、汗をかいた際のスポンジの具合も全然違います。

レンズに関しては、クリアーとミラー2種類準備できればベスト!

僕はTALON-HC¥10,000-(税抜き)一択になりそうですが、次は雨の中のレポートをお届けしたいとおもいます!


2019-02-21 09:29:08

SWANSゴーグルテスト&レビュー(Part3)

SWANS ゴーグルテスト&レビュー <Part 3>

・レンズはどーよ?

クリアーとミラー(フラッシュエメラルドミラー×スモーク) 
日が当たるエリア↓クリアー


ミラー↓


太陽を見上げると 


違いは分かりやすい。断然ミラーがいい!


森の中。今回は日が入ったり、暗くなったりで、ライディングで最も目が疲れるコンディション。


影の部分が極端に暗くて、凹凸が見えにくい。これはクリアーですね。


いざライディング!!MX-TALON-HC ブラック×ブルー Rider:Toyo


今回はノーマルレンズに加え交換用の各モデル曇り止め、撥水レンズを準備。


色々とはめ替えて試して、またライドしての繰り返しが楽しい!
MX-797-PETのレンズをH-C(曇り止め、撥水加工)レンズに交換して使用。Rider:Eno


逆光になる時間帯はミラーレンズで。ここで問題発生!


夕方で冷え込んできた中、体は温まってHOTに!!
するとレンズが曇り始めた~。そういえばミラーレンズには曇り止め加工がされていなかったことを思い出す!!


まぶしさを我慢するか、曇りを我慢するか。悩みます。ここがゴーグル選びのポイントになること間違いなしかも!

<Part 4>に続く。

2019-02-20 14:18:07

SWANSゴーグル テスト&レビュー(Part2)

SWANS ゴーグルレビュー (Part2)

・フィッティング

MX-TALONというハイエンドモデルで、通常のゴーグルより飛び出したトリガーパーツにベルトが引っ掛かり、幅の広い位置から引っ張る。ヘルメットの厚み分を考え、顔全体にバランスよく圧力がかかるという設計。

左がTALON。右はベーシックなMX-797-PETでこれだけのサイズ感に違いがあります。
実際に付け替えるとTALONのフィット感は超自然。顔の形にもよりますが、僕はMX-797は鼻の周りに隙間が。
 

  

顔に当たる部分のスポンジにも違いが。汗をかいて、べちゃべちゃになったのはMX-797。内部まで入り込むほど。

続いてレンズはどうなのか?

<Part 3へ>






 

 

2019-02-20 13:53:33

SWANSゴーグルのテストレビュー(Part 1)

SWANSのモトクロスゴーグルをテスト&レビューしました!(山本光学様協力)



マウンテンバイクのダウンヒル、エンデューロライディングで必須アイテムともいえる”目を護る”ゴーグル。
今回はジャパンクオリティーのSWANS!!

様々なブランドがあり、タイプやレンズのモデルもたくさん。どれがどうなの?
買ったはいいけど、曇って使えない、フィットしないなどなど。価格差もありますね。

SWANSは知る人ぞ知る歴史の長い日本のメーカーで創業は明治44年!
大阪の眼鏡レンズ加工業がスタートです。この時点で安心感が違いますね(笑)

SWANSは着用者の安全と健康を護ことを義務付け、同時にベストパフォーマンスを引き出し体になじむものを提供しています。

ランニング、フィッシング、スイミング、スキー、ダートスポーツまで幅広く展開しているSWANSはいかがなのもでしょうか?

<Part 2へ続く。>


 

2019-02-20 12:52:38

Afton Shoesのお試しに行ってきました!!

マウンテンバイク用のシューズで注目のブランド「Afton MTB Footwear」のレビューです。
今回はROOKIESオーナーである私「榎本」とサポートとしてROOKIES MTB PARKマスコットキャラクター「トヨちゃん」と2人でクローズ中のROOKIESパークへGO!

この企画はメーカーから依頼されたものではなく、ROOKIESが独自で注目しているブランドを自分たちで買って試しているものです。

ですから、はっきりとばっさりと!(笑)
さあ、どんな意見と評価が出てくるのかが楽しみです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@aftonshoes のレビューに来ました! #rookiesbike #マウンテンバイク #シューズ #レビュー @rookiesmtbpark

ROOKIESBIKEさん(@rookiesbikeeno)がシェアした投稿 -
 


超ウエットな雨上がり。霧が酷くてツルッツルの路面でテンション上がりまくり!
それ以上に履き始めたばかりのAftonシューズは濡れた舗装路で滑りまくった(笑)



僕はKeeganのマルーンカラー。サイズは普通のシューズに比べかなりタイト。しかもアンクルガードを使用するので、通常26.5~7.0ですが、28.0cmでジャストフィット!それでも慣れるまでは横幅が気になる。



豊ちゃんもサイズアップしてKeegan Black/Heatheredを使用。
ペダルを踏んだ際のよれる感じの無さは、まるで「カチッとしたブーツを履いているようだ」と。
その硬さからか、二人ともハイクアップで踵が痛くなってしまった。



ロックなエリアを攻める。触れた足裏、ペダルでかなり不安定だが、グリップ力は抜群!
インソールの衝撃吸収性がとてもよく、靴に中でもバランスがとりやすい!


ペダルに乗っている位置は文句なし。
MTBペダルでポピュラーなピンタイプであれば文句なしにフィット感は良い!


グッと力を込めて外足を踏ん張る!しっかりとペダル全体に力がかかっている感じ!バタつく心配がなく攻め込める!
紐の部分から、サイドにかけてホールド力が強く、横方向に力がかかっても足がしっかりと支えられている感じ!


使い始めてすぐは、ソールの固さ、シューズの締め付けに不安があったが、それがバイクと抜群の一体感を生んでくれるとは思わなかった。通常のシューズより若干長い甲の部分(紐の部分)が、バイクを引き上げる動作の時にとても有効的で、強いホールド感によりペダルの引っ掛け上げを楽にしてくれた。

 

トレイルライド、ダウンヒル、ダートジャンプまで幅広く使えるお勧めシューズであること間違いなし!
抜群のグリップ力(ペダルに対して)。
ぬれた路面の押上は苦手。ソールが硬いから、足が疲れるし、ペダルの感触はつかみにくい。(慣れで解消)
抜群のホールド感。ペダリングでよれる感じは無し!
気持ちが良いインソールの柔らかさ。衝撃吸収がいい!
かかと部分が浅い。
サイズ選びを慎重に。
値段は普通の靴の感覚で考えれば高い。でも専用品と考えれば普通。
普段着で合わせやすいファッション性!ここは魅力!


以上参考までに。しばらく履き込んでみたいと思います!


ROOKIES
 

2019-02-04 16:11:32

人気のAFTONシューズのテストレビュー(予告編)

マウンテンバイクの最新シューズブランドとして注目されている”Afton MTB Footwear”をROOKIESオーナーの私がテストレビューしてみます。ダートジャンプシーン、エンデューロ、ダウンヒルなど、得意とするカテゴリーをライダー目線でチェック!
ペダルとの相性、踏み心地、グリップ力などはもちろん、ハードな使用で耐えれるのかな?
結果は乞うご期待!!


今回チョイスしたのはこのマルーンカラー!
ストリートファッションアイテムとしても注目度が上がるカラーリング。



マウンテンバイク用?と思えるほどシンプルでかっこいい!実際触ってみると、「なるほど!」かなりハードな専用設計です。



ライディングで負担がかかりやすい部分は補強されていて、すぐに剥がれたりはしないようです。
ただ、その補強のせいか、シューズ自体が硬くタイトで、僕は通常のシューズより”2サイズ”大きくしてちょうどぴったり。(アンクルブレイスを装着しています。)メーカーもゆったり履くのであれば”1サイズアップ”をお勧めしています。



ソールはガッツリペダルピンがハマりそうなパターン。これが良いのか悪いのかがポイント。ペダルの感触もしっかりと感じれるのかな?



↓一番人気のガムソールモデル。





クールに決めるのであればこのグレーも良い!!






https://aftonshoes.com/

*Special thanks Delighted Corp. 

2019-01-27 15:07:03

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2