ROOKIES

 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  テスト&レビュー»  SWANSゴーグルテスト&レビュー(Part 4)

SWANSゴーグルテスト&レビュー(Part 4)

SWANSゴーグルテスト&レビュー(Part 4)

SWANS ゴーグル レビュー(Part 4)
 
ミラーレンズが曇りはじめいかがなものかと。特に湿度の高い時期に使用することが多いので、曇り始めるとアウト!でとてもストレスを感じる。
モーターサイクルのように、スピードが一気に上がるものではないし、体の動きや呼吸によって曇りやすいのは断然マウンテンバイク。


練習では部分練習したり、バイクを担いで上がったりと風の通りは悪い。


超晴天のまぶしいレース時の一発勝負であれば、ミラーは目が疲れにくいし、逆光での路面の見えにくさも軽減されるのでいいと思う。
使いやすさでいえば、クリアーで、曇り止め、撥水加工が一番いいかな?


SWANSのゴーグルを試してみて。
今まで様々なレースでゴーグルやグラスを使用してきた結果で、自分なりの違いを感じることが出来ました。
ジャパンクオリティーのSWANSはシンプルなデザインでありながら抜群のコストパフォーマンスが魅力。そしてゆがみが少なく見やすいレンズは、さすがって感じ!!

入門にお勧めのMX-797は¥5,800-(税抜き)!日本人の顔にフィットしやすい形状は幅広く対応できることは間違いなし!
ただ、お値打ちなものが本格的に使用できるかといえば厳しい部分もあり、レンズの変更が必要となるでしょう。

スペアレンズは税抜き¥3,500-なのでトータルで見ると最上級グレードTALONとあまり変わらず。
TALONは初めから、曇り止め、撥水加工されたレンズが付いてきますし、通常ゴーグルより外側からベルトで引っ張る「トリガーパーツ」もついています。長く使えば交換が必要になるスポンジ「Ez Ble-Form」もスペアパーツで販売しています。

途中インスタ動画でもあるようにフィット感はTALONにはかなわないし、汗をかいた際のスポンジの具合も全然違います。

レンズに関しては、クリアーとミラー2種類準備できればベスト!

僕はTALON-HC¥10,000-(税抜き)一択になりそうですが、次は雨の中のレポートをお届けしたいとおもいます!


2019-02-21 09:29:08

テスト&レビュー